ビートマニアの歴史を振り返る( ゚д゚ )

FURIMUKI style

ギラつく時代を 超えて来た!

INFORMATION
Introduction

はじめに

 ビートマニア黎明期の文献を調査していくと、そこには意外な事実が隠されていた…

記事を読む
1997/04

ビートマニア開発プロジェクトチーム編成

 社内プロジェクトで発案された「音楽を題材にしたゲーム」。後に「ビートマニア」となるこの企画だが、開発中の仕様は製品版と大きく異なっていた…

記事を読む
1997/08

エレメカからDJシミュレーションへ

 プリクラの客層を狙え!ビデオゲーム業界の閉塞感を打破すべく新しいジャンルの開発に意欲を見せるAM機器事業部。業界誌のインタビューに答える。

記事を読む
1997/09

AMショー'97に突如出展されたビートマニア

 9/18から開催されたAMショー。多くのゲームメディアは対戦ゲームに注目する中、一部のメディアは何の事前情報も無く出展されていた「コナミのリズムアクションゲーム」に可能性を見出していた…

記事を読む
1997/10

ビートマニア(1st)ロケテ実施

 幻のロケテ。10月に大阪某所で1週間行われたという。南雲氏ら制作陣は、後のインタビューでロケテの盛況ぶりから「いける」という感触をつかんだという。

記事を読む
1997/12

ビートマニア本稼働

 キャッチコピーは「イキナリDJ!!」。ギャラリーがつくほどの大人気となる中で、制作陣は次回作に向けてのリサーチを開始していた。

記事を読む
1998/01

インカムランキングに初登場

 「ゲーセン冬の時代」。重視すべきはライトプレイヤーorコアプレイヤー?第二次平成不況が押し寄せる中、ビートマニアは稼働後初のインカムランキングで上位に食い込む。

記事を読む
1998/02

AOU'98で2ndMIX発表

 業界誌ランキングではインカム1位のUFOキャッチャーに肉薄する勢い。一方2/18から開催されたAOU'98では早くも2ndMIXの制作が発表された。

記事を読む
1998/03

2ndMIX稼働、音ゲーブーム到来

 1stMIXが遂にインカムランキング1位を獲得。2ndMIX稼働により人気はさらにヒートアップ、いよいよ音ゲーブームが幕を開ける…

記事を読む
1998/05

音ゲーを攻略するということ

 ゲーム紹介の記事から攻略記事へ。よりコア向けに仕上がった2ndMIXにより、音ゲーはいよいよ「攻略するゲーム」として認知されていく。先陣を切った雑誌はゲーメストだった。

記事を読む
1998/07

家庭用ビートマニア発表

 ファミ通1998年7月17日号でプレイステーション版ビートマニアの制作が発表された。その裏では、家庭用ビートマニアの制作を上層部に頼み込んだ人物の存在があった。

記事を読む
1998/08

ゲーメスト本気を出す

 ゲーメストは3rdMIX発表を機に、ビートマニア記事を巻頭カラー扱いに昇格。「ビートマニア解体新書」と称して当時のプレイスタイルやオペレーターの声をまとめている。

記事を読む
1998/09

音ゲーが席巻するAMショー'98

 9/17から開催されたAMショー'98。昨年多数出展されたシール自販機や対戦格闘ゲームは勢いをひそめる中、コナミはビートマニアに続く新たな音ゲー機種を複数発表する。

記事を読む
1999/01

IIDX1st開発中画像&幻のロケテ

 3rdMIXが稼働している裏で、IIDX(1st)の開発が着々と進んでいた。当時の雑誌には開発中のバージョンが掲載されている。

記事を読む
1999/02

AOUショー'99と音ゲーブーム

 2/17から開催されたAOUショー'99。ビートマニアブームが一段落し、DDRブームが到来する中で、次にコナミが打ち出す一手とは…

記事を読む
1999/03

初代IIDX稼働~苦難の時代

 ビートマニアシリーズの基礎を固めたcomp1に続き、初代IIDXが稼働する。しかし、初代IIDXは苦戦、その原因とは…

記事を読む
1999/05

CS作品続々登場。ナハナハvsガチョーンバトルを作った男たち

 家庭用3rdMIXに続き、様々なハードへの移植が行われるビートマニア。いよいよ家庭用オリジナル作品であるGOTTAMIXが登場する。

記事を読む
1999/07

五鍵新章4thMIX&再起を懸けたsubstream

 IIDXとの差別化を図りコア路線に回帰する4thMIXと、低迷するインカムの回復を狙うsubstream。果たしてgentle stressはIIDXを救えるのか?

記事を読む
1999/09

ハイスピードで限界を超えろ!5thMIX&2nd style

 Dancemaniaと提携した5thMIX、曲と譜面にこだわり抜いた2ndstyleは果たして受け入れられるか!?5thMIXの没タイトルロゴやALL PRO幻のファミ通譜面など、レアな開発中画像も公開。

記事を読む
2000年

一瞬だけど閃光のように!次世代ビーマニと未来への挑戦

 1999年秋から2000年にかけて、コナミは任天堂やFM東京と立て続けに業務提携を行った。ビーマニの新たな挑戦「ネットジャム」とは一体何だったのか。

記事を読む

▼EXTRA 番外編

EXTRA 01

段位認定 -曲-

 LIGHTNING MODELに搭載された曲名検索で次々と明らかになる真の曲名。その中にはこれまでの常識を覆すものも存在していた。テスト形式の段位認定で君も「曲名皆伝」を目指そう。

記事を読む
EXTRA 02

AC版IIDX 旧作仕様表(緑数字計算機付)

 アーケード版IIDXの過去バージョンをプレイする際に、現行バージョンとの仕様の違いを確認できるツール。緑数字計算機能にも対応。選曲画面でも手軽に適正HI-SPEEDを確認できます。

記事を読む
EXTRA 03

CS版IIDX 旧作仕様表(緑数字計算機付)

 家庭用IIDXの過去バージョンをプレイする際に、現行バージョンとの仕様の違いを確認できるツール。緑数字計算機能にも対応。各作品の機能の違いや、全解禁コマンドの有無についても確認できます。

記事を読む
EXTRA 04

五鍵スクラッチ音変化の仕組み

 アーケード版beatmaniaだけでしか楽しめない「スクラッチ速度による音変化」。その仕様を明らかにすべく我々が調査を進めていくと、突如jamおじさんに異変が起きる…

記事を読む

当サイトについて | お問合わせ