FURIMUKI style
HISTORY
ビートマニアの歴史
EXTRA
番外編記事
HOW TO FURIMUKI
振り向き厨について
ABOUT
当サイトについて

1998/09音ゲーが席巻するAMショー'98

 1998年9月17日から東京ビッグサイトにて開催された「第36回アミューズメントマシンショー」(以下「AMショー'98」)。コナミはビートマニアのヒットを受け、新たな音楽ゲームを一気に出展、一連のタイトルを「BEMANIシリーズ」と称して音楽ゲームというジャンルの確立を図る

様変わりしたAMショー

 この年のAMショーは出典傾向に大きな変化が見られた。前年のAMショーまで各社力を入れていたシール等自販機や対戦格闘ゲームが勢いをひそめ、音楽ゲームや体感ゲーム等のビデオゲームが台頭

 コナミ以外のメーカーからも、セガの「モグラッパー」ナムコの「パカパカパッション」などの音楽ゲームが出展。また、セガからはNAOMI基盤が展示され、高品質の映像を生かしたタイトルが発表されている。

 コナミは今回のショー開催前にゲーメスト誌上でのインタビューで「次回は単純に『3』ではない」「今度のAMショーであっと言わせます」と予告しており、出展内容に期待が集まっていた。

基盤といえば去年コナミが発表したCOBRA基盤は…
コブラ部隊は全滅した

アミューズメント産業1998年10月号より。音ゲー以外にも電車や釣りをテーマにした体感ゲームが多かったようだ。

ビーマニ第2世代

 コナミブースでは予告通りビートマニア3rdMIXを出展。そして、隠し球として「ビートマニアIIDX(仮称)」「ダンスダンスレボリューション」「ポップンミュージック」の3機種が出展された。

 音ゲーブームが盛り上がっているタイミングで発表されたこの3機種は、現在まで稼働し続ける長寿タイトルとなる。各タイトルが発表された際の反響を見ていこう。

ビートマニア3rdMIX~更にディープに

 ビートマニア3rdMIXでは、新たに小型筐体を開発。店舗のスペースを最大限に活用できるようにしている。

アミューズメント産業1998年10月号より。mini筐体も出展されたようだ。

●ビートマニア3rd MIX(コナミ)

ヴィジュアルも音もカッコイイので。でも、人前だと少し恥ずかしいかもしれないと思う。(メーカー 23歳 女性)

ゲーメスト 1998年11月15日号

ビートマニアIIDX~まさかの7つ鍵盤

 「ビートマニアIIDX(仮称)」として参考出展されたビートマニアの後継作。特徴としては「40インチワイドモニター搭載」「振動BASS」「5つのイコライザーで本格DJプレイ」「鍵盤が7つになりターンテーブルの位置を変更」「ニューヨークレコーディングされた曲も収録」と紹介されていた。

 会場ではプレイヤーからの注目度が極めて高かったようで、出展された筐体には人が群がっていたという。マイコンBASICマガジンのAMショー'98レポートではプレイ中の写真も掲載されており、通常のプレイは可能だったようだ。

マイコンBASICマガジン1998年11月号より。AMショー'98で出展されていたIIDXをカラーで確認できる唯一の雑誌である。

撮影禁止か…誰かこっそり撮影したりしてないのかな?
携帯にカメラが付くのは2000年でしょ!

そしてネクストレベルのヴォルテージが期待の「ビートマニアIIDX(参考出展)」も多大な注目を集めていた。

特にビートマニアIIDXは筐体が1台しか出ていなかったこともあって、筐体周囲は会場内密度ナンバー1

ゲーメスト 1998年11月15日号

●ビートマニアIIDX(コナミ)

むずかしい。でも製品化されればライトユーザー向けのモードが付くのか?(ディストリビューター 25歳 男性)

ゲーメスト 1998年11月15日号
鍵盤5つでも大変なのに、7つとか無理だわぁ…って声も見受けられる
五鍵が稼働中だし、こっちをプレイする時点で上級者って感じはするな

ダンスダンスレボリューション~メディア注目度No.1

 DDRはマスメディアからの注目度も高かったものの、オペレーターからは「恥ずかしがってプレイされないのでは?」という懸念も見受けられた。

アミューズメント産業1998年10月号より。待機列までダンスが伝播する光景を見て導入を決めたオペレーターも存在したようだ。

「恥ずかしがってプレイしないのでは」との危惧もあるが、偶然ロケテストに遭遇したオペレーターの話では「順番待ちの列ができる盛況で、プレイヤーの後ろで一緒にステップを踏む姿も見られた」という。

アミューズメント産業 1998年10月号

特に、今回初お目見えとなった「ダンスダンスレボリューション」の周りは異様な熱気に包まれ、本当にここはゲームショーの会場か?と言うぐらいの高いテンションに支配されていた。

「ダンス~」はプレイヤーのみならず、待っている人間やギャラリーも(練習がてら)曲に合わせてステップを踏むという有り様で、筐体周囲がダンスフロアと化すという異常事態が発生していた。こいつは発売後のブレイクが超!期待できるってモンだ!

ゲーメスト 1998年11月15日号
DDRは、後にランキング独走状態だったビートマニア3rdMIXを上回るインカムをたたき出すぞ

ポップンミュージック~ライトユーザーでも安心

 ポップンミュージックは、ビートマニアのヒットにより増加した女性客やプリクラ利用層も視野に入れ、シリーズを重ねてコアユーザー向けになりつつあるビートマニアに抵抗がある層にもアピールするというスタンスで開発されているようだ。

 また、当初は2~3人で遊ぶことも想定しており、赤ボタン(ラブボタン)の仕様など、カップル客もターゲットとして制作されている。

ゲーメスト 1998年11月15日号より。敷居の高いビートマニアに対して、初心者でも安心という点をアピールポイントにしている。

ビートマニアが既にマニア向け&怖いもの扱いされてる!
プリクラ層をもっと取り込むために我慢して欲しい…

5色9つのボタンを押してプレイするライトユーザー向けサウンドシミュレーションゲーム。ゲーム方法はビートマニア風で、対応する各色・各位置ボタンを押して曲づくりに参加する。

対戦型演出画面で、レベルゲージが上がると、譜面が見にくくなる等のおじゃま機能が発動する演出もある。

また、1人でなくても、3人位まで一緒にプレイを楽しめるようになっている。

ゲーメスト 1998年11月15日号
3人でポップンか…
三密ポップン…

ビートマニア初の公式大会

 このAMショー'98の最終日である1998年9月20日、コナミブースにて初の公式大会「beatmania BATTLE OF THE CLIMAX 1998」が行われた。

 事前に全国のゲームセンターでの店舗予選、地区大会を突破した約70名が参加、「drum'n bass」単曲のスコアで上位10名に、二次予選「ballade」で上位4人にまで絞られ準決勝となる。

 この予選ではグルーヴゲージギリギリクリア(ノマゲ80%相当)で得られるボーダーボーナスを取るのが当たり前というレベルの高さだったという。なお大会は実名登録が必須

ゲーメスト 1998年11月15日号より。現在のKACやプロリーグにつながるコナミ音ゲー大会の歴史はここから始まった。

地力のドラムン、辛判定のバラードって構成か

 準決勝では「RAVE(2ndMIX)」が課題曲となった。「PERFECT&ボーダー(理論値スコア)」を叩き出した2名が決勝「SKA」で激突するという見応えのある試合内容であった。

1つでもGOOD出すか、空POOR調整に失敗した瞬間に敗退…

 優勝者にはトロフィーの他にも副賞として、当時開発中のbeatmania IIDXのムービー出演権が与えられることとなった。

ムービー出演!Dr.LOVEで踊ってたりするのかな?

採用されたのはIIDXのエンディングムービーであった。なお、このエンディングムービーが見られるのは1st styleのみ。

 表彰式の後、エキシビジョンとして「ビートマニア香港チャンプ」という女性が登場。「SKA」での対戦と、「HOUSE」のパフォーマンスプレイが行われている。この時期に香港でビートマニアが稼働していたのか、大会が開催できるほどのプレイヤーがいたのかは記録が無いため定かではないが、「HOUSE」を即興でダブルプレイしていることから、相当の腕前を持っていることは間違いない。

ゲーメスト 1998年11月15日号より。香港チャンプと握手する優勝者。このエキシビジョンの後、ダンサーによるパフォーマンスショーが行われ閉幕となった。

JAEPOでやってる「KACからのミニライブ」の原型がこの時点でもう確立してる!
20年以上のノウハウが積み重なって今があるんだなあ、音ゲーの歴史を探訪してるんだなあ、と感じられ、

 なお、この大会の様子がyoutubeにアップされている(注:外部サイト)。実際に左手皿を使用している場面も。

ポップくんは四角形だった

 AMショー'98の様子を掲載しているゲーメスト1998年11月15日号では、出展された「ポップンミュージック」の紹介記事が掲載されている。この紹介記事に掲載されている開発中の写真では、ポップくんが四角に近い形状となってる。

ゲーメスト1998年11月15日号より。形状だけでなく、ポップくんの大きさがすべて同じになっている。「UNCLE JAM」も全て大文字。

こちらが製品版のポップンミュージック1。青と黄色のポップくんが小さくなり、判定ラインが追加されている。

何だこの四角いポップくん!斜め上見てるヤツもいるし目つきが悪いぞ!
開発中ビートマニアの丸型オブジェはポップンに受け継がれたわけじゃなかった…
判定ラインも無いし。どのタイミングで叩けばいいんだこれ…ってビートマニアの開発中に気づいたんじゃなかったのか!?
同じ部署でノウハウが共有されてないはずはないと思うんだけど…
ビートマニアのノーツは丸が四角に、ポップくんは四角が丸に…

 詳しくはこちらをご覧下さい。