FURIMUKI style
HISTORY
ビートマニアの歴史
EXTRA
番外編記事
HOW TO FURIMUKI
振り向き厨について
ABOUT
当サイトについて

1997/12ビートマニア本稼働

 1997年12月10日、遂にビートマニアが稼働する。制作陣の目論見通り、幅広い層の注目を集めることとなった本作だが、コナミとしては当初はこのヒットを予想していなかったのか慎重な展開を行っていたようである。稼働日前後の出来事をまとめた。

前倒しにされた稼働日

 業界紙「ゲームマシン」によると、コナミは12月1日~2日に座間市のGM機器事業本部で、オペレーターや報道関係者を対象にしたプライベートショーを開催している。このショーは新作のお披露目と商談会を兼ねたものであり、「ファイティング武術2nd」がメインで出展されていた。

住所が5-1-1になってるとこかー

 このプライベートショーにビートマニアも出展されており同紙によるとこの段階での発売日は「12月下旬」であった。実際の稼働日は12月10日であり、前倒しで稼働したことになる

 なお、この商談会のことは週刊ファミ通(1997年12月26日号)にも取り上げられていたが、COBRA基盤を搭載する「ファイティング武術2nd」「レーシングジャムSDX」について触れられてはいたが、ビートマニアについての記載はなかった。

「ビートマニア」=画面の指示と流れるメロディーに合わせ、ターンテーブルとキーボードでビートを奏でるというDJシミュレーションゲーム機。OP価格九十六万円で十二月下旬発売予定

ゲームマシン 1998年1月1・15日第556号11頁
稼働直前に商談会!
当初から年末に間に合わせる計画だったし、予定通りに稼働して何より

出荷台数は少なかった

 ビートマニア1stMIXは、年末に稼働させるというスケジュールから収録曲数は少なく、コナミもオペレーター側もどの程度人気が出るか半信半疑だったようだ。後に、GM機器事業本部長の木戸氏は経済雑誌「経済界」のインタビューでこう振り返っている。

「とにかく年末に間に合わせようと急いだので曲数は八曲と少なく不安はありましたし、全く新しいものということでゲームセンター側も不安。そこで当初の出荷は慎重を期しました

ところが出荷台数の絞り込みもあってか、逆にマニアの間では急速に認知を得る。

経済界 1999新春特大号
確かに1stMIXは見たことが無いって声はよく聞くな。稼働台数が少なかったのかー
家庭用移植版は2ndMIXがベースだし、1stMIXはレアなんだよね

ギャラリーが生み出す好循環

 ビートマニア(1stMIX)が稼働し、ゲーセンでは人だかりができるほどの人気になった。当然ながら現在のような音ゲーコーナーは存在していない。稼働当初のビートマニアは店舗の目立つ位置に設置されることが多く、他の音ゲーも存在していないため、ゲーム音も店内によく響き、ギャラリーを集めることに成功する

 通常のプレイを極めた上級者の中には、2人用の譜面を1人でプレイしたり、暗譜した上で画面を隠したり背面プレイをするパフォーマーも現れた。ゲームモードとしてDPやHIDDENというスタイルが無い時期に、こうしたプレイスタイルが流行したのは、「ギャラリーが存在する」という要素が大きく関わっている。

発売されたコナミの音楽ゲームには当初、従来のゲームセンターの常連客や、一部の音楽好きの若者が飛びついたという。それが、ゲーム機から出る大音量の音楽とゲームをする本人の派手な動作が見物人を集め、その見物人が次にゲームをするという、新たな顧客を次々に生み出す連鎖反応を引き起こした。

今では、女子高生から会社帰りのサラリーマンまで、幅広い層が音楽ゲームをしている。

日経ビジネス 1999年2月15日号

音楽が流れることで、周囲に見せるゲームともなった。その波及効果は絶大だったわけです。

経済界 1999年新春特大号 木戸秀二常務インタビュー
やはりギャラリー界に対して振り向くのは自然な行為!

次回作に向けた綿密なリサーチ

 このような大ヒットの裏で、制作陣は次回作に向け動いていた。プレイヤー層の分析やホームページの管理人から話を聞くなど、どのようにプレイされているのかを調査していたようだ。

 その結果、実際に主なプレイヤー層がコアユーザーだったことが分かり、彼らが攻略を済ませ飽きてしまう前に急ピッチで続編を制作する必要があると判断する。そして、パフォーマー的なプレイをゲーム上で評価するシステムとして「DOUBLE PLAY」や「HIDDEN PLAY」の実装、更なる高難度譜面の収録につながっていく。

はじめ狙っていたプレイヤー層というのは、あまりゲームをしない男の子や女の子だったんですよ。にも関わらず、コアなプレイヤーがついた……

そこで「2nd」はそのコアなプレイヤーをかなり意識した作りにしました。

「1st」もずっと後まで見ておけば、ライトユーザーがついたかもしれないんですけど。コアユーザーしか見ていない段階で「2nd」を作り始めたので、この「beatmania」のターゲットは、最初ライトユーザーを考えていたけれど、コアユーザーを想定して作らなければならないと思いました。

ビートマニア プレスミックス

実際、ホームページを作っている方にも会って、いろいろ聞いて。ヒドゥンプレイは「下だけ隠しているんだ」って聞いて、だから途中から消えるんですよ。

ビートマニア プレスミックス
けっこう早い段階でコアユーザー向けに舵を切ってたんだなぁ
初心者向け譜面は3rdMIXからだし、この段階では思いっきりコアユーザー向けに寄せてきてるんだね

 詳しくはこちらをご覧下さい。